AX

総会規則 第5章~第6章

 

在日大韓基督教会 規則

第 5 章  常任委員会

第 8 条 常任委員会

1.総会は次期総会まで総会の機能を継続するため常任委員会を設置し、総会より委任された案件を執行する。

2.常任委員会には議長1名と書記1名をおく。議長は総会長が書記は総会書記が兼任する。

3.常任委員会は定期常任委員会と臨時常任委員会とする。

4.定期常任委員会は年2回以上召集する。

5.臨時常任委員会は議長が必要と認めたとき、または常任委員5名以上の要請があった時議長が召集する。

6.常任委員会の組織

常任委員会は次のように組織する。

①総会長、副総会長(牧師、長老)書記、副書記、会計(財政委員長)

②地方会長、地方会長老副会長

③常設委員(宣教委員長、教育委員長、社会委員長、神学・考試委員長、信徒委員長、財政委員長、憲法委員長)

④全国教会女性連合会会長

⑤監査(職務上)

⑥総幹事(職務上)

7.常任委員会の職務権限

①総会の権限に属する事項でその委任を受けた事項。

②次期総会まで総会の通常の権限に属する事項。

③総会に提出する献議案に関する事項。

④総会の通常財政とその他財政に関する事項。

⑤任員会の処理事項を認准する事項。

⑥その他緊急に必要な事項。

8.常任委員の選任と任期

①常設委員、特別委員、監査の選任は新旧総会長、副総会長(牧師、長老)、地方会長が推薦し総会の認准で選任される。

②常設委員長の任期は2年とする。但し3選を禁ずる。

③地方会会長、地方会副会長(長老)の任期は地方会総会任期を基準とする。

9.常任委員会への陪席として、特別委員長、KCC理事長、RAIK理事長、西南KCC理事長、神学校理事長、青年会全国協議会代表委員で常任委員会の必要に応じて陪席し活動報告し発言権のみが与えられる。但し、交通費等は該委員会、機関、傘下機関が負担する。

 

第 6 章  委員会・監査・理事

第 9 条 常設委員会・特別委員会

1.総会の諸般事業の体系的継続性をはかり実行するために次のような常設委員会と、総会の決議により特別委員会をおくことが出来き、創設廃止が出来る。

常設委員会:宣教委員会、教育委員会、社会委員会、神学・考試委員会、信徒委員会、財政委員会、憲法委員会、年金委員会

特別委員会:歴史編纂委員会、讃頌歌委員会

傘下団体:KCC理事長、RAIK理事長、西南KCC理事長、神学校理事長

関係機関:全国教会女性連合会

2.常設委員会組織

①常設委員会組織は委員長と部長で組織される。

各委員は地方会が派遣した者(5名)と総会にて推薦した者(2名)とする。

総会傘下機関代表は準委員になることが出来る。

②宣教委員会

宣教委員会の中に伝道部、世界宣教部をおく。

1)伝道部:総会の宣教の方向を設定し宣教課題を定め開拓伝道政策を立案する。

2)世界宣教協力部:世界宣教に対する政策を立案し推進する。

③教育委員会:教会教育、青少年指導等をする。

④社会委員会:社会、正義の具現及び社会福祉事業に関する仕事をする。

⑤神学・考試委員会

神学・考試委員会には神学部と考試部をおく。

1)神学部:総会神学を定め教役者の継続教育、総会神学生の育成指導をする。

2)考試部:伝道師・牧師の考試及び宣教師の加入考試を担当する。

⑥信徒委員会

青年、女性、壮年、長老によって構成され、信徒運動の促進をはかる。

⑦財政委員会

総会の全ての財産と経理を担当する。

⑧憲法委員会

憲法第16章74条の規定に準じる。

⑨年金委員会

教役者の年金等を担当する。

3.特別委員会

選任及び任期

①特別委員は新旧総会長、副総会長(牧師、長老)、地方会長が推薦し総会の認准を受けて選任する。

②特別委員長の任期は2年とする。但し3選を禁ずる。

委員はそれぞれ5名で構成する。

1)歴史編纂委員会:総会、地方会、個教会の歴史資料を収集編纂する。

2)讃頌歌委員会:讃頌歌、子供の讃頌歌等の発刊普及をする。

第 10 条 監査

監査は総会及び委員会、傘下機関の業務及び財政を監査し、必要に応じて常任委員会に陪席することが出来る。監査細則は別途に定める。

第 11 条 理事認准

本会は本会傘下機関に理事を派遣、理事就任、承認権を持つ。

第 12 条 総会諸般認准権

総会は所属機関及び傘下機関の規則、細則、条例の改正、基本財産の変更、解散、解散時の残余財産処理等に関しての認准権を持つ。