AX

宣教師 加入考試 請願書

 

参照:教役者 請聘関連書類の項目http://kccj.jp/archives/919

個教会が担任牧師として(宣教協約教団からの)宣教師派遣を受けるには、必ず請聘の手続き(公同議会)に入る前に、

1)該当宣教師本人をして、総会人事部宛に宣教師加入考試請願書を提出できるようにする。

2)総会人事部は、(宣教師個人による)宣教師加入考試請願書の審査を始める。

3)その過程の中で、総会人事部は直接、宣教師の推薦および宣教費支援に関して、派遣教団から確認を取ると共に、当該宣教師の加入に当たり問題なしと、人事部判断がまとまると、書面にて該当教会へ通知する。

上記の前段階を経てから、請聘の手続き(公同議会)に入ることになります。

4)該当教会は、総会人事部より通知を受けて初めて(臨時)公同議会を召集して該当宣教師の請聘を決議にかけることができる。

5)地方会任職員会において(所属教会による)該当宣教師の請聘が可と決議れたら、教会は請聘書を本人に送ることができる。(各地方会規則に明記されている)

6)そうした後、3月中にある、神学考試委員会が主催し在日総会神学校が実施する「加入宣教師研修」と、9月に行われる宣教師加入考試を受けてこそ、所属地方会の定期総会の場で加入式が行われ、地方会による委任式を経て個教会の委任牧師になる。(総会憲法第23条第1項(http://kccj.jp/abst/constitution/constitution1to4)及び神学考試委員会細則第8条(http://kccj.jp/archives/959)参照)

Please Login or Register to read the rest of this content.

◆提出書類(各正本 2通)

1.宣教師加入考試請願書

2.牧師按手 証明書

3.宣教師 派遣・推薦状

4.宣教師 後援 約定書(宣教費等)

5.日本宣教志望動機書

6.履歴書

7.経歴証明書

8.総会加入理由書

9.最終学校 卒業証明書

10.最終学校 成績証明書

11.写真2枚

 

 

Related Posts

  • No Related Posts