AX

在日本韓国YMCA 2・8独立宣言第98周年記念式挙行

 

2・8独立宣言第98周年記念式挙行

3・1独立運動の導火線となった「2.8独立宣言」

2017年2月8日(水)在日本韓国YMCA(東京)においては、2・8独立宣言第98周年記念式が、国内外来賓及び関係者ら約200名が集って厳粛に行われた。総務の金秀男長老の司会のもとに行われた式典には、在日大韓基督教会総会長の金性済牧師による祈祷、李俊揆駐日本大使の記念辞、朴維徹光復会会長の致辞、林三鎬民団中央副団長の致辞や安昌虎留学生体表の2・8独立宣言朗読、東京韓国学校オモニ合唱団と生徒らによる「2・8独立宣言の歌」、「アリラン」などが披露された。

2・8独立宣言とは、1919年2月8日、在日本東京朝鮮YMCAの講堂で開催された「朝鮮留学生学友会総会」の場には数百名の朝鮮留学生が集り、開会祈祷が終わると同時に「朝鮮青年独立団」を結成しようと「緊急動議」の声が挙がり、独立団代表11名の署名入り独立宣言文が満場一致で採択され、朗読して万歳を唱えた。この「事件」は、日本国内はもちろん、海外でも報道され大きな波紋を呼びました。また宣言文はソウルにも伝えられ、3・1独立運動を引き起こす導火線となったのである。

 

Related Posts

  • No Related Posts