AX

カナダ宣教師の足跡を辿って

 

カナダ宣教師の足跡を辿って

トロントより黃煥瑛長老が訪問

 

カナダのトロントには、過去に韓国に派遣され宣教活動を行ったカナダ宣教師たちの資料を展示した資料館があります。 2011年に開館した「来韓カナダ宣教師資料館(Museum of Canadian Missionaries in Korea)」では、1888年に朝鮮に派遣され活動したゲイル(Gaie)宣教師に始まり、130余年にわたって韓半島北部と間島地域の福音化と近代化、そして民族解放に寄与した180余名の来韓カナダ宣教師たちの献身と信仰的遺産を未来に継承するため、彼らの宣教活動に関する資料を展示しています。

この資料館で責任者として仕えている黃煥瑛(ふぁん ふぁにょん)長老が、昨年4月よりカナダ長老教会から在日大韓基督教会に宣教師として派遣され、マイノリティー宣教センターにて仕えているデービッド・マッキントッシュ宣教師に会い、日本にも在日大韓基督教会に来て宣教したカナダ宣教師たちがいた事実を知り、資料の収集と足跡を辿ることができればそれらも展示したいという意向で日本を訪問されました。

先の1月16日、デービッド・マッキントッシュ宣教師の案内で総会事務局を訪問した後、大阪ならびに名古屋を訪れて関係者たちに会い、カナダに帰国されました。 私たちの総会でもこうしたカナダ宣教師たちの資料の収集を積極的に協力し、困難な時代に日本に来て在日大韓基督教会で宣教したL.L.ヨン宣教師を始め、ジョン・マッキントッシュ宣教師、グレン・デービッド宣教師、アンダーソン宣教師などの関係資料を集める作業をしなければなりません。

総会に属する全国の教会に、カナダ宣教師たちの写真や書跡、品物などがありましたらご連絡くださいますようお願いいたします。

願わくば、2019年の全国教役者研修会をカナダのトロントで行い、この資料館を訪問することはもちろん、私たちの総会に多くの宣教師を送り援助してくれたカナダ長老教会(PCC)ならびにカナダ連合教会(UCC)を訪問することも大きな意味があることでしょう。(総幹事 金柄鎬)

 

Related Posts

  • No Related Posts