AX

海外韓国人教会の教育と牧会協議会

 

海外韓国人教会の教育と牧会協議会

第11回 大阪大会開催

 私たちの総会が会員教団として参加し、海外に散らばっている韓国人教会の次世代の教育と牧会を重点に分かち合い共有している、「海外韓国人教会の教育と牧会協議会」の第11回大会が、在日大韓基督教会の宣教110周年を迎えたことをきっかけに、2018年2月21日~24日まで大阪教会と同志社びわこリトリートセンターを会場として、カナダ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国などから46名が集まる中で開催された。

第6回大会を在日大韓基督教会の宣教100周年を迎えて2008年に東京で開かれたことのある今回の大会は、「激動の歴史の中でディアスポラ教会の時代的使命(エレミヤ書29:1~14)」という主題で、韓国基督教教会協議会の総務である李鴻政牧師を講師にお招きして講演を聞き、5項目の発題を通して今日直面している以下の課題を分かち合った。

(1)次世代にシフトしていくディアスポラ教会(PCUSA朴性柱牧師)、(2)高齢化していく海外韓国人社会に存在するディアスポラ教会(PCUSA池善黙牧師)、(3)日本の社会の中で直面している在日同胞の宣教的課題(KCCJ許伯基牧師)、(4)難民や環境問題の中の海外韓国人教会(NZPC韓敬均牧師)、(5)南北韓の平和統一の道のりのための買いが韓国人教会(NCCK李鴻政牧師)

海外韓国人教会の教育と牧会協議会は、アメリカ長老教会(PCUSA)、海外韓人長老会(KPCA)、カナダ長老教会(PCC)、アメリカ改革教会(RCA)、オーストラリア合同教会(UCA)、ニュージーランド長老教会(NZPC)、在日大韓基督教会(KCCJ)、および、大韓イエス教長老会(PCK)、韓国基督教長老会(PROK)が会員教団であり、2年ごとに地域を廻って大会が開かれており、次期の第12回大会は2020年2月18~20日にオーストラリアのシドニーで開催されることとなった。

2年ごとに開かれる大会では、総会を開き役員改選を行うが、今回の総会では会長にPCUSAの池善黙牧師、6名の副会長のうちの1人に金鐘賢牧師、総務に金柄鎬牧師、会計に石橋真理恵伝道師が選出され、牧会分科委員に梁榮友牧師、教育分科委員に許伯基牧師が仕えることとなった。

今回の大会に場所を提供し、食事や交通便にご奉仕された地域の大阪教会と関西地方会、また牧師たちに感謝する次第である。(報告:金柄鎬)

 

Related Posts

  • No Related Posts