AX

第50回 総会期 臨時第2回常任委員会の和解決議

 

関東地方会 第61回期 臨時任職員会(2010.10.10)は、金海奎牧師の請聘及び宣教師加入に関して総会任員会に一任する決議をしました。
第50回総会期 第3回人事部会(2010.10.19)は、関東地方会の一任を受けた総会任員会の提案を検討し、人事部会の決議としてまとめ臨時第2回常任委員会(2010.10.19.大阪KCC)に報告しました。
激しい議論はあったものの、下記のように、関東地方会と東京教会に和解を促したのです。2010.10.20午後8時過ぎ、総幹事を通して金海奎牧師及び堂会の長老たちに文書をもって渡しました。

在日大韓基督教会は、連合体と言えるでしょう。一つの教団としてはめずらしく、私たちの教団が按手を授けた牧師だけでなく、宣教協約教団である韓国の七つの教団からの牧師をも、宣教師として受け入れています。こういう共同体ですので、崩してはならない、守り合わなければいけないルールを、そのことについて特別な取り扱いを求めたり、許したりしたこともありません。

私たち在日大韓基督教会は、多文化家庭のような群れです。しかも信仰の群れなのです。違う文化環境の元で育った我々が、図らなかったけれども、お互い多様性について分かっているつもりで実は何にも分かっていなかったことへの反省を、神さまが私たち在日大韓基督教会の皆に求めておられていると思えてなりません。
ここに至るまで放置しておいた責任を強く感じております。申す言葉もありません。東京教会が母なる教会として毅然とした態度で、模範を示してくださればと思います。

神のみ前にひれ伏し、総会・地方会、そして東京教会は悔い改めつつ、在日大韓基督教会の一致と和解のために、祈りの言葉を合わせなければなりません。
和解とは、神の前に、すべての重荷を降ろすことでもあります。

제50회 총회기 상임위원회 화해결의

1. 재일대한기독교회 제50회 총회기 임시제2회상임위원회(2010.10.19. 오사카KCC)는 김해규목사의 선교사가입(수속)을 승인한다.

2. 재일대한기독교회의 일치를 위하여서, 상임위원회는 관동지방회와 동경교회의 화해를 촉구한다. 동경교회와 관동지방회는 주 예수 그리스도께서 십자가에서 죽으심으로 모든 피조물이 하나님과 화해시켜짐을 본받아 이제까지 일어난 모든 대립을 화해할 것. 나아가, 이 일에 대해서 서로 치리 및 법적인 조치를 취해서는 안된다.

3. 재일대한기독교회 5지방회에 속한 모든 교회 전도소는, 총회의 헌법 규칙 및 각 지방회 규칙을 충실히 지킴으로 인하여, 하나님께서 우리에게 명하신 일본 땅에 있어서의 선교적 사명이 지금까지 수행되어 왔다고 하는 것과, 또한 이후로부터도 수행되어야 할 것임을 새삼 확인한다.

1.在日大韓基督教会 第50回総会期 臨時第2回常任委員会(2010.10.19.大阪KCC)は、金海奎牧師の宣教師加入(手続き)を承認する。

2.在日大韓基督教会の一致を願う故、常任委員会は関東地方会と東京教会との和解を促したい。東京教会と関東地方会とは、主イエス・キリストが十字架の贖いの死によってすべての被造物が神と和解させられたことに倣い、これまでに起こったあらゆる対立について和解し合うこと。なお、このことについて、お互いに治理及び法的な処置を講じてはならない。

3.在日大韓基督教会のすべての教会・伝道所は、総会の憲法・規則及び各地方会の規則を忠実に守ることにより神が私たちに命じられた日本の地における宣教の使命がこれまで果たされてきたということ、またこれからも果たされるべきであることを、改めて確認する。

2010年10月19日

在日大韓基督教会

総会長 崔栄信 牧師
書   記 権寧国 牧師
総幹事 洪性完 牧師

 

Related Posts

  • No Related Posts