AX

UMCとのミティングを終えて

 
UMC General Secretaryは、Thomas Kemperさんに3月15日から新しく変わっていました。
6月17日午後2時、475 Riverside Drive, New YorkのUMCオフィスを訪ねました。総会長崔栄信・総幹事洪性完と李大豪牧師(海外韓人長老教会総会より派遣)の通訳でミティングが持てました。
総幹事Thomas Kemperさん / 副総幹事JORGE L.F. DOMINGUESさん / 会計ROLAND FERNANDESさん / 副会計EDWIN C. FRACISCOさん / アジア太平洋担当REBECCA C. ASEDILLOさんの五人が待ってくれていました。
西早稲田の土地は2009年の11月から売りに出されていました。
しかしながら、UMC General SecretaryのThomas Kemperさんが、私宛に手紙を出した5月25日とニューヨークでミーティングをもった6月17日の間に、私たちには知るすべもないまま、すでに売買契約成立ということになっていました。
西早稲田の土地は、もはや譲渡されることはありません。1.7億円で売れたというのです。
しかし、諦めないならば、主なる神は必ず別の道をも備えてくださいます。
UMCの方からは、西早稲田の土地を売却する考えでいることや売却された場合、相当な金額(どれほどになるかは未定)を寄付する意志があるという連絡はすでに受けていました。けれどもKCCJの必要とするものは、マイノリティーセンターの立つ土地であるという思いを伝えるためのミティングとなってしまいました。

そうして、かえって二つの可能性が出てまいりました。詳細な内容については、7月6日以後報告できればと期待しております。
2010.6.24
総幹事 洪性完

 

Related Posts

  • No Related Posts