AX

在日大韓基督教会と米国長老教会との宣教協約

 

在日大韓基督教会と米国長老教会との宣教協約
在日大韓基督教会と米国長老教会は、両教会を生み出したその源である伝統に対して神に感謝するものである。1973年以来、両教会は日北米宣教協力会(JNAC)を通して、意義あるキリスト者のつながりと出会いを深めてきた。その交わりの中で、日本における宣教活動において互いに励まし合い、世界における神の愛の実現への共通のヴィジョンと召命を分かち合ってきた。とくに在日大韓基督教会は、在日韓国人の人権へのKCCJの取り組みに対する米国長老教会の関心と支援に感謝している。
私たち両教会は、イエス・キリストが主であるという共通の信仰を基礎として、その宣教における新しくより深いパートナーシップ関係を今ここに確認する。キリストにあるパートナーとして、すべての国民に神の力が明らかにされるよう、イエス・キリストの福音を宣べ伝えるために共に働くことを誓う。私たちは、イエス・キリストの主権のもと、教会の一致を確認し、この世において神の正義と平和、愛、和解を浮キために共に働く。そのために、互いの状況を理解することができるよう情報を交換し、相互の宣教と連帯への参与を達成することに合意する。
パートナーシップ 私たちは、各々の教会の宣教と活動に参加する機会が与えられるように、人材の分かち合いや宣教パートナーとしての関係を促進する。
協議会 各々のコンテキストにおいての宣教に関する新しい展開を研究する必要性に応じ協議会を開催し、神学や宣教政策、宣教展開に関する課題について共に探求する。
コミュニケーション(情報伝達手段) パートナー関係を進めるためのすべての情報伝達手段は、在日大韓基督教会総会事務局と米国長老教会総会の世界宣教局の間で行う。
反省と評価 私たちが信じる神が、宣教におけるより深い相互理解と関係へと私たちを導いてくださることを信じながら、私たちは、定期的にこのパートナー関係を反省・評価することに合意する。
総会長 李 聖雨    総会長 Joan S. Gray在日大韓基督教会    米国長老教会
総幹事 朴 寿吉    局長 William Brown在日大韓基督教会    世界宣教局米国長老教会

 

Related Posts

  • No Related Posts