お知らせ・フォト

感謝の百年、希望の百年。すべての事について、感謝しなさい。(テサⅠ5:18)


地方会のお知らせ

<水戸教会で4代が一緒に家庭礼拝>

掲載日 : [14-01-28]   照会数 : 1610




<水戸教会で4代が一緒に家庭礼拝>

関東地方会の茨城県にある水戸教会には、4代が一緒に信仰生活をしている張照雄執事と徐仁順勧士の家庭がある。特に、この家庭では普段の家庭礼拝の他に、年に一度、日を定め水戸教会で特別な家庭礼拝をしている。この礼拝には、教会に通っている家族はもちろん、教会に通っていない義理の息子や嫁、孫、さらに親戚まで、お婆さんからひ孫まで集まる。

昨年の12月には、親族合わせて21人が水戸教会に集まり、韓在文牧師の導きのもと、讃美をささげ、今まで導いて下さった神さまの恵みに感謝をする家庭礼拝行った。韓牧師は、この家庭が礼拝をするるたびに説教を通して、「今、家族の半分は毎週教会に通っているが、半分の家族は時々教会に出ているが、一日も早く全家族が毎週教会で礼拝ができるように祈っている」と語った。

張照雄執事は、3.11大地震時に賃貸で借りていた教会の建物が壊れて礼拝する場所がなくなった時、本人の事業所の名義を借りて、新しい教会の建物を購入するのに決定的な役割を果たした水戸教会の中心的な教会員である。また、感謝すべきことは、主に仕えることに献身的であり、徐仁順勧士とともに、彼らが運営する事業所にも神さまが注いでくださる恵みを見て、多くの信徒たちが信仰と献身に大きな模範となっている。これらのことについて韓牧師は、「在日大韓基督教会のすべての教会の信徒たちの家庭が、この家庭のように神さまと教会の中で模範的な家庭になり、日本の宣教に大きな土台になってほしい」と言った。
(報告:韓在文)


〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-52
TEL: 03-3202-5398、FAX: 03-3202-4977
© Copyright 2018 The Korean Chiristian Church in Japan.