総会憲法

感謝の百年、希望の百年。すべての事について、感謝しなさい。(テサⅠ5:18)


第5章~第8章

在日大韓基督教会 憲法


第 5 章  長  老

第 28 条 長老の職務
長老は、教会で選ばれ、牧師と協力して治理と勧懲を行う。

第 29 条 長老の選出資格
1. 長老は、本教会で勧士、按手執事を継続3年、または署理執事をとして6年以上視務した者で、連続10年以上の洗礼教会員から選ばれる恒存職である。
2. 長老は、ふさわしい知識と統率の能力があり、聖書テモテ第一 3:1~7にふさわしい者から選ぶ。憲法第1章 8条を尊重し、コリント第一 7:14を考慮の対象とすることができる。

第 30 条 長老の選挙
1. 教会が長老を選挙する時、堂会と諸職会の議決で地方会に請願し、その承認を受け、適法な公同議会を開き、洗礼教会員20名あたり1名の比例によって投票するが、総投票数3分の2以上を要する。但し、未組織教会は洗礼教会員20名未満の場合でも1名を選出できる。
2. 被選された長老候補は、地方会の考試と承認を受けて将立する。但し、投票の有効期限は1年である。

第 31 条 長老の任職
長老は、選挙後3ヶ月間堂会の指導を受け、地方会の考試に合格し、当該教会で任職する。

第 32 条 長老の移籍
他教会から移籍した長老は、当該教会の視務長老になることが出来る。その要件は、次の通りである。
1. 本会に属する長老や他教派から移籍した長老の場合、所属堂会の推薦書があり、当該教会の公同議会で総投票数の3分の2以上の議決を必要とする。 但し、移籍後誠実に1年間礼拝に出席した者でなければならない。
2. 前項によって投票を行う時は、第30条1項を適用する。

第 33 条 長老の辞任と復職
1. 依願辞任
長老がやむを得ない事情で堂会に視務辞任の請願をすれば、当該教会はその理由を調査した後、充分な理由があれば堂会が承認する。

2. 勧告辞任
当該教会が長老の視務を解任しようとする時は 公同議会を開き総投票数の3分の2以上の議決で勧告辞任を地方会へ報告する。

3. 長老の休職
視務中の長老が身体修養、職場の関係、其の他の事情で3ヶ月以上視務教会を離れるときは堂会の承認を受けなければならない。

4. 長老の定年は、70才とする。

5. 長老の復職
長老が復職視務をしようとする場合には、視務していた教会に誠実に3年間礼拝に出席しなければならない。復職手続きは(勧徴条例第523条・524条と第30条1項)憲法第30条1項と戒規を適用する。

第 34 条 名誉長老
1. 一つの教会で視務した長老が、定年で視務を辞任する時、教会がその名誉を保存しようとする場合には、公同議会の過半数の議決で名誉長老の推戴をすることができる。
2. 名誉長老と隠退長老は、堂会と諸職会で発言することができる。

第 6 章  勧  士

第 35 条 勧士
1. 勧士は、信仰生活に誠実で、教会に徳をたて、10年以上の洗礼教会員で、執事として3年以上継続視務した者から、公同議会で総票数3分の2以上の可票で選ばれる。但し、按手をしない教会内の恒存職である。
2. 勧士は堂会の指導に従い、教会員を訪問し、病む者、苦難の中にいる者、弱っている教会員を顧みる職分である。
3. 勧士の定年は、70才とする。

第 36 条 名誉勧士
教会で視務した勧士が定年になった時、教会がその名誉を保存しようとする場合は、公同議会の過半数の議決で名誉勧士の推戴をすることができ、諸職会で発言することができる。

第 7 章  按 手 執 事

第 37 条 按手執事
1. 按手執事は信仰生活が誠実で聖書(テモテ第一3:8~10)にふさわしい者で、執事職を継続3年した者で、公同議会で総投票数3分の2以上の議決で選ばれ、堂会の按手で任職を受ける教会内の恒存職である。
2. 按手執事の職務は教会で選ばれ、堂会の指導に従って教会に奉仕し、救済に関する働きをする。
3. 按手執事の定年は、70才とする。

第 38 条 按手執事の任職
按手執事は当該教会で任職し、選挙後3ヶ月以上堂会の指導を受け任職する。

第 39 条 名誉執事
教会で視務した按手執事と署理執事が定年になった時、教会がその名誉を保存しようとする場合は、公同議会の過半数の決議で名誉執事に推戴することができる。名誉執事は諸職会で発言することができる。

第 8 章  伝 道 師

第 40 条 伝道師の資格と職務
伝道師は、本会が認定した神学課程を卒業するか、同等程度の実力がある者で、伝道師考試に合格した後、堂会や牧師が管理する教会と機関を協助する教役者であり、未組織教会では臨時堂会長の承認で諸職会の議長を代行できる。

第 41 条 伝道師の会員権
1. 伝道師は当該堂会の会員権はないが、堂会が要請する時は意見を提出することができ、諸職会の会員権がある。
2. 伝道師は適法な移名証書を接受し、当該教会の会員にならなければならない。

第 42 条 伝道師の招聘
1. 伝道師の招請は公同議会で総投票数の過半数の議決を必要とする。
2. 伝道師の定年は、70才とする。

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-52
TEL: 03-3202-5398、FAX: 03-3202-4977
© Copyright 2018 The Korean Chiristian Church in Japan.