お知らせ・フォト

感謝の百年、希望の百年。すべての事について、感謝しなさい。(テサⅠ5:18)


総会のお知らせ

2016年 韓(朝鮮)半島平和統一南北共同祈祷文

掲載日 : [16-08-15]   照会数 : 3372

2016年韓(朝鮮)半島平和統一南北共同祈祷文
 
歴史を導かれる神様。
今年も南と北/北と南の教会が心を一つにして光復(解放)の喜びを分かち合うことを感謝いたします。長年の約束を忘れず、平和統一の願いを込めて共に祈りをささげるように導かれた主の恵みは、素晴らしく大きいです。主にささげる切なる願いをお聞きください。
 
71年前、わが民族は失った祖国を取り戻し、光復(解放)の喜びを迎えました。
私たちは歴史の支配者である神様を信じ、必ずその日が来ることを望んで、正義の血と汗を流して耐え忍びました。三千里の津々浦々で「万歳」の叫び声がこだまし、3千万人の胸に解放の感激がほとばしったその日を、どうして忘れることができるでしょうか。
 
慈しみ深い神様!
解放の感激もつかの間、わが民族の思いとは裏腹に、強大国による民族分裂の痛みに直面し、苦しく険しい道を経て今日に至っております。共に会って対話し、和解の糸口を探り、経済協力を通して共存共栄の夢を育みました。しかし、今は以前よりも高い心の壁が積まれております。今後、どれだけの深い不信の川を渡り、怒りの谷間を通過しなければならないか分かりません。主よ、わが民族を憐れんでください。
 
主は、教会に和解の務めをくださいましたが、わが民族は正しく仕える事が出来ませんでした。主は、クリスチャンを平和の使徒として召されましたが、和解を目指すよりも葛藤を煽りました。二つに分かれ、同じ同胞として認めなかったため、愛する心すら持てなかったのです。主よ、私たちの過ちと罪を告白します。お赦しください。
 
愛と平和の神様!
今は遠く隔たった南と北/北と南ですが、お互いを必要とする日が来ると信じます。破れに破れた胸の内ですが、痛む傷を縫い合わせ、お互いに慰め合う日が遠くないことを信じます。外部勢力の干渉を退け、南北/北南関係を改善し、民族が大同団結して平和統一を成し遂げられますように。
 
主よ。引き裂かれたこの民族を一つにしてくださり、ばらばらに散らされた家族が再び一つとなれますように。南北の子どもたちが同じ釜の飯を食べ、北南の青年たちが一つのテーブルを囲んで人類の希望を歌うことが出来ますように。民族共存の足どりが漢拏山ハルラサンから白頭山ペットゥサンまでつながり、平和共栄の大きな波が独島から西海にまで広がっていきますように。
 
そして、この民族が安全で平和な韓半島/朝鮮半島で、7千万同胞の誰もが幸せを享受できますように。一つとなり、さらに大きな民族となって全世界に仕える事が出来ますように。
イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン
 
2016年8月
 
韓国基督教教会協議会 和解統一委員会 / 朝鮮キリスト教連盟 中央委員会


〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-55
TEL: 03-3202-5398、FAX: 03-3202-4977
© Copyright 2018 The Korean Chiristian Church in Japan.